下肢閉塞性動脈硬化症(末梢血管障害)

虚血性心疾患img

糖尿病、高血圧、脂質異常症による動脈硬化により下肢血流が低下するために生じます。歩行時に下肢のだるさ、痛み、冷感が出現しますが、悪化すると安静時にも症状が認められます。

 

重篤化すると足先に潰瘍や組織が死んで壊死を起こし、最悪切断を余儀なくされる場合もあります。無症状で経過する場合もあるため、糖尿病、高血圧、脂質異常症、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)をお持ちの場合は一度ご相談ください。

 

下肢症状のため整形外科を受診されることもありますが、症状が改善しない場合はこの病気が原因の場合もあります。

 

検査は足関節上腕血圧比(ABI)で評価し、心臓から足首までの動脈の硬さも評価できます。可能性が高い場合は専門病院と連携し血管CTや治療のため紹介させていただきます。

お知らせ

勉強会

どなたでも無料で参加していただける勉強会を行っています。内容・スケジュール等は勉強会ページもしくはお知らせ欄でご確認ください。

診療時間

診療時間:午前9時~12時午後18時~20時,休診:木・土曜日午後、日曜・祝日

※木・土曜日午後、日曜・祝日は休診です。
※予約制ではありませんので、診療時間内にお越しください。

在宅診療・往診

当院では在宅診療を実施しております。ご希望のかたは随時受け付けておりますのでご連絡ください。また往診も行っております。

ページトップへ