骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

高齢化に伴い、椎体、大腿骨の骨折が原因で日常生活レベルが大きく低下することが問題となっており、それには骨粗鬆症が深く関わっていることが知られています。介護が必要となる人の5人に1人は骨折・転倒・関節疾患が原因で、脳卒中についで多いといわれています。我が国でも骨粗鬆症の患者さんが年々増加しており、1,300万人と推測されていますが、そのうち治療を受けられているのは200万人程度といわれています。骨粗鬆症とは、「骨強度の低下を特徴とし、骨折リスクが増大しやすくなる疾患」と定義されています。閉経にともなう女性ホルモンであるエストロゲンの減少や加齢に伴い、骨の吸収される速度が形成される速度を上回るため骨密度が低下するとともに、骨質の劣化が「骨の強度」を低下させます。

「骨強度=骨密度+骨質」であるため、骨密度が低下していない場合でも骨強度が低下している可能性があります。糖尿病では骨密度は低下していない場合でも骨折リスクが高いことが指摘されています。また、高血圧や脂質異常症などは酸化ストレスを増加させるため、骨質の劣化に関わっているといわれています。

 

骨密度測定方法

骨密度の測定方法は、おもに3種類あります。腰椎と太ももの付け根で測定するDXA(デキサ)法、かかとやすねで測定する超音波法、手で測定するMD(エムディ)法があります。

 

DXA法

DXA法による腰椎および大腿骨の骨密度が推奨されていますが、総合病院まで検査に行くのが大変な方、仰向けになることが難しい方もいらっしゃるため、当院では腕(橈骨)の骨密度をDXA法で測定する機器を導入しております。この方法はその次に推奨されており、短時間で測定することができます。また、腕の測定は骨の変形などの影響が少なく腰椎・大腿骨より診断精度が高いことが示されています。閉経後の方、ご高齢の方(女性だけでなく男性も)、椎体圧迫骨折・大腿骨骨折の既往があり骨粗鬆症治療をうけられていない方など骨密度測定をお勧めいたします。また治療中の方も定期的にチェックをさせていただきます。

 

骨粗鬆症の予防と対策(食事療法)

骨粗鬆症の予防はカルシウムやビタミンD類などの摂取といった食事療法と適度な運動で骨にも負荷をかけることが大切です(宇宙飛行士は宇宙滞在が長いと骨密度が低下します)。

骨粗鬆症の治療薬は内服薬、注射薬と種類が豊富です。患者さんの病態およびライフスタイルにあわせた治療薬を用います。内科疾患をお持ちのかたでも骨粗鬆症を合併されているかたが増加しており、当院でも治療をおこなっております。

お知らせ

勉強会

どなたでも無料で参加していただける勉強会を行っています。内容・スケジュール等は勉強会ページもしくはお知らせ欄でご確認ください。

診療時間

診療時間:午前9時~12時午後18時~20時,休診:木・土曜日午後、日曜・祝日

※木・土曜日午後、日曜・祝日は休診です。
※予約制ではありませんので、診療時間内にお越しください。

在宅診療・往診

当院では在宅診療を実施しております。ご希望のかたは随時受け付けておりますのでご連絡ください。また往診も行っております。

ページトップへ