感染症・ワクチン

かかりやすい感染症、ワクチンimg

かぜ症候群、インフルエンザ、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎、胃腸炎、尿路感染症など様々な感染症があります。大きくウイルス性と細菌性があります。寒い時期に多いですが、年中発症する危険性があります。普段のうがい、手洗いは予防に大切ですがそれでもかかってしまった場合は早めの治療が必要です。インフルエンザワクチンのほかに、最近は肺炎球菌ワクチンの接種が行われています。インフルエンザワクチンは毎年接種する必要がありますが、肺炎球菌ワクチンは1回の接種で5年以上の効果が期待できるとされています。最大23種類に型に対して免疫をつけることが可能で、現在90種類以上の肺炎球菌の型が報告されていますが、成人の肺炎球菌による感染症の80%以上をカバーできます。

接種対象者はこれまで肺炎球菌による重い疾患にかかる危険が高い持病のある方のみでしたが、2014年10月より肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)の定期接種が始まりました。対象となる方は、65歳以上で決まった年齢になられる方、60~64歳で心臓・腎臓・呼吸機能または免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害がある方が対象です。

 

詳細は厚生労働省ホームページ(←クリック)を参照ください。

 

肺炎球菌ワクチン定期接種の注意点

現在の制度では年齢が5歳刻みのため、例えば、2015年4月に72歳となられる場合、75歳となる2018年4月から定期接種を受けることが出来ます。これより先に任意で打つことはできますが(補助金なし)、現在の制度では先に接種されると75歳になった時に定期接種を受けられないことになっています。

次の定期接種までに肺炎がご心配な方は、もう一種類のワクチン(プレベナー13)を接種されることをお勧めいたします。日本でプレベナー13は、肺炎球菌による髄膜炎予防のために小児に接種されており、13種類の肺炎球菌に対するワクチンでニューモバックスNPの23種類より少ないですが、欧米で行われた2つの多施設無作為研究で、プレベナー13のほうが、成人での肺炎予防効果が高い結果が出たため、米国では2011年12月に認可され広く使用されています。その影響を受け2014年6月に日本でも65歳以上の成人に適応となりました。


定期接種のワクチンに採用されていないため、現時点では補助金制度はありませんが、このワクチンを初めに投与しておくと、2回目の接種の際には免疫効果がさらに上がることも報告されています。現在の制度では、プレベナー13を接種した後にニューモバックスNPを定期接種することが可能です。

 

当院では任意接種される場合は

・ニューモバックスNP  7,000円(税込)

・プレベナー13       10,000円(税込)

となっております。

 

その他のワクチン

・風疹・麻疹ワクチン(MRワクチン)  8,400円(税込)

 

ご希望のかたは事前にお電話でご予約ください。

お知らせ

勉強会

どなたでも無料で参加していただける勉強会を行っています。内容・スケジュール等は勉強会ページもしくはお知らせ欄でご確認ください。

診療時間

診療時間:午前9時~12時午後18時~20時,休診:木・土曜日午後、日曜・祝日

※木・土曜日午後、日曜・祝日は休診です。
※予約制ではありませんので、診療時間内にお越しください。

在宅診療・往診

当院では在宅診療を実施しております。ご希望のかたは随時受け付けておりますのでご連絡ください。また往診も行っております。

ページトップへ