お盆休みが終わりました、改装工事を継続しております

猛暑日もようやく少なくなり朝晩もすごしやすくなりました。
今年は非常に高温であったため、熱中症を疑う症状の方が例年より多く来院されました。

お盆の期間、私はお休みいただき沖縄に行ってきました。途中雨も強く降りましたが、天気も回復し比較的穏やかに過ごすこととができました。
続100名城に選定された座喜味城、勝連城を訪れました。座喜味城は雨・風が強めで誰もいませんでした。なんとか一の郭まで行き、写真を撮って戻りましたがびしょぬれになりました。アーチ門(琉球最初)は見事に復元されていました。SONY DSC

勝連城は天気もよく一の曲輪からは海がきれいに見えました。世界遺産だけあり観光客もそれなりにいました。
SONY DSC

現在当院は改装工事中で一般診療は8月31日(金)まで止めさせていたいていおります。現在は予定通りに工事は進行しております。9月1日(土)より診療再開いたします(工事は継続)。期間中皆様にはご迷惑をおかけいたしますがどうぞよろしくお願いいたします。

8月になりました

猛暑が続いていますが体調はいかがでしょうか?最近は軽い熱中症の方も来られます。水分補給だけでなく塩分も補給してください。高血圧の方は基本減塩ですが、夏場は普段より発汗があるため塩分補給も必要です(摂りすぎにはご注意ください)。

お味噌汁や塩飴などもいいと思います。最近は塩飴もタブレットなどいろいろな味付けもされ食べやすいものが出ています。
スポーツドリンクは糖分が多く甘いものもあるのでカロリーオフを選択したり、水で薄めることで口渇も軽減できます。

血圧は夏場になり低めになられている方もいらっしゃいます。降圧剤は季節に応じて調整する場合もあります。気になる方は主治医にご相談されればよいと思います。

能島城SONY DSC

今治城SONY DSC

私事ですが、6月に第12回日本城郭検定1級を受験してきました。1級は今回4度目の挑戦でした。なかなか勉強する時間がなく少しずつ勉強し、また過去問もしっかり復習しました。結果は、無事合格できました。勉強しなければいけない範囲が広いため何度調整しても無理かなあと思っていましたが合格できてよかったです。IMG_0211

松山城SONY DSC

これらのお城は7月に行ってきました(とても暑かったです)。

さて、このたびクリニックを改装することになりました。築年数が多く、これからのニーズにあった対応が少しでもできるようにし、また残せるとことはそのままにする予定です。

8月11日(土)のお盆休みから工事を始め、その後も工事を継続するため皆様にはご迷惑をおかけいたしますがどうぞよろしくお願いいたします。9月1日(土)から工事は継続しながら診療を再開いたします(9月17日完了予定)。

 

第18回院内勉強会を開催いたしました

6月16日(土)に勉強会を開催いたしました。

今回は認知症についてお話いたしました。

認知症はどなたでもご存じの病気で、高齢になれば発症する可能性は誰にでもあります。それぞれの生活環境、生活習慣、持病の種類などによりリスクは様々です。症状は中核症状(記憶障害、判断力低下、言葉の理解力低下、時間・場所がわからなくなる)の他に、周辺症状(怒りっぽくなる、意欲低下、不安、幻覚、徘徊など)がみられます。

認知症の5割以上が「アルツハイマー型認知症」、他に「脳血管性認知症」、「レビー小体型認知症があり、3大認知症と言われ85%程度をしめます。

認知症と物忘れの違いは自身で自覚があるかどうか(認知症はない)、脳の変化(認知症は神経細胞の変性や脱落あり)など異なる点があります。

軽度認知障害から認知症に進行(5年で約40%)する場合があり、早期発見、早期対策が大切といわれています。現代の治療薬では症状の進行を抑えたり、進行を緩徐にしたり、いろいろな症状を和らげたりすることはできても、根本的に治ることはありません(慢性硬膜下血腫、脳腫瘍、正常圧水頭症などを除く)。

予防法については、食生活(青魚などに含まれるDHA、EPAといったオメガ3必須脂肪酸、ビタミンC・Eといった抗酸化物質、赤ワインやカカオなどに含まれるポリフェノールなどの摂取)や運動、ゲーム、回想法(昔のことを思い出して話をすること)などがあります。できることから行っていただければと考えています。

次回は3大認知症についてもう少し詳しくお話する予定です。日時は10月6日(土)13時からです。お時間のある方は是非お越しください。SONY DSCSONY DSC

私事ですが、先日第12回日本城郭検定を受けて来ました。1級受験で4回目の挑戦でした。なかなか時間が取れず勉強不足での試験でした。幸い、過去問からの出題もあったこと、最近訪れたお城からの問題もあったことなどからこれまででは1番できたかなあと思いました。結果はわかりませんがそろそろ合格できたらなあと思います。SONY DSC写真は上から駿府城(1枚)、山中城(障子堀2枚)

これから蒸し暑い日が続きますので、こまめに水分補給をして脱水にならないようにお過ごしください、汗をかいたときは、少し塩分も補給してください。

第17回院内勉強会を開催しました。

急に気温が上がり、スギ花粉が非常に多く飛散していますがいかがお過ごしでしょうか?
わたくしは眼と鼻の症状があり薬を使用しています。最近は眠気がほとんど出ない薬も出ており使いやすくなりました。
インフルエンザは3月になり落ち着いてきた感じがいたします。

梅がきれいに咲いております。
IMG_0208[217] ume

3月10日に第17回院内勉強会を開催いたしました。
今回のテーマは「不整脈(その2)」です。
日常比較的遭遇する不整脈について原因、症状、治療の必要性や治療法、予防などについてお話いたしました。
主に、「脈が乱れる」「脈が遅い」「脈が速い」に分類されます。
その中で主な不整脈について解説しました。期外収縮は最もよく見られる不整脈であり、基本的には原因となる重大な心疾患などがなければ治療は不要ですが、症状に応じて治療を行う場合があります。ストレス、加齢などが原因ですが気になる場合は一度医療機関を受診し相談いただければと思います。
他には緊急性のある不整脈(心室頻拍など)や放置すると合併症を引き起こす可能性のある不整脈(心房細動など)など紹介いたしました。

次回は6月16日(土)に「認知症」についてお話する予定です。

1月になりインフルエンザが本格的に流行しています

寒い日が続きますが風邪などひかずにおすごしでしょうか?
先日は京都も積雪があり宝ヶ池では雪景色となりました。
1516174305147
1月になりインフルエンザが本格的に流行しだしました。今後しばらく流行が続くと考えられます。主にA型ですが、B型も見受けられます。典型的な症状は、悪寒、関節痛、頭痛、発熱ですが、熱があまり上昇せず、普通の風邪症状程度でインフルエンザかどうか判断が難しいケースもあります。迅速検査でも陽性とならないことがあり、検査判定のみでは決して判断せず、インフルエンザが疑われる場合は相談の上、抗インフルエンザウイルス薬を投与いたします。ただし、インフルエンザにかかっても、免疫力がそれほど低下していない一般の人は安静にすることで4,5日で解熱し回復に向かいます。副作用などの報告もあるのですべてのインフルエンザの方に抗インフルエンザウイルス薬を投与しなくてはならないことはありません。ご高齢の方、免疫不全のある方などはインフルエンザにかかってから病気が悪化したり他の合併症を引き起こす場合もあるので積極的に投薬されることが多いです。
これからも手洗い、うがい、マスクの着用など予防に努めてください。1516173707103

第16回院内勉強会を開催いたしました

12月も残すところわずかとなりました。寒い日が続きますがお変わりなくお過ごしでしょうか?

12月16日(土)に第16回院内勉強会を開催いたしました。今回のテーマは「不整脈」で、不整脈とはどういうものか、起こる仕組み、原因、症状、治療についてお話いたしました。命にかかわりすぐに治療が必要なものから、何もしなくても健康に問題のないものまで様々であります。

健診で不整脈を指摘された場合は、程度により「要指導」「要経過観察」「要医療」といった判定がなされます。健診やドックの内科診察で心電図所見について医師から説明を受けられた場合はいいですが、特定健診や会社健診で説明を受けられない場合は判定だけではよくわからないこともあるかと思います。

その場合は近くの内科(循環器科標榜あるところ)を受診され「健診で心電図に異常所見がありましたので相談に来ました。」とおっしゃっていただくといいかと思います。

当院では、所見をみて必要があれば追加検査(心エコー、24時間心電図)を行い、さらに精査が必要(負荷心電図、心臓CT、心筋シンチグラフィー)であれば検査を実施されている専門病院にご紹介しています。

健診で時々みられる治療が必要な不整脈の代表は「心房細動」です。これは自覚症状がなくても心臓に血栓ができて、それが飛んで脳卒中などの大きな病気の原因となりうるので治療が必要です。
一般的には抗凝固薬(血液サラサラにして血栓を防止する)の服用ですが、最近では「カテーテルアブレーション 」といって、心臓のなかの不整脈の源となる箇所をカテーテルで焼灼し、不整脈が起こらないようにする治療がさかんになってきています。どちらを選択するかどうかは個々の状態により判断します。

さて、インフルエンザの時期になってきました。北区、左京区でも報告がでてきており、今後本格的な流行期に入ると思われます。

まずは手洗い、うがい、人混みではマスク着用など十分な対策をとり、睡眠もしっかりととってください。

 

 

10月も残すところわずかとなりました

先日は大型の台風21号が来て雨、風が強かったですが大丈夫だったでしょうか?何本か木が倒れているのを見かけました。

10月になり風邪症状の方も来院されるようになりました。気温が低く、天気も悪い日が多かった影響と考えます。一部ではインフルエンザがすでに出ているとの情報もあります。

10月16日から全国でインフルエンザ予防接種が開始され、当院でも実施しております。ご希望の方は電話でご予約お願いいたします。インフルエンザは当院ではまだ出ておりませんが、今後の流行がどうなるか動向を注意して観察する必要があります。まずは手洗い、うがいなど予防対策を行ってください。

10月は先代の妹尾あさゑ先生がご逝去されました。長きにわたり診療に携われ、地域医療に非常に貢献されました。私も継承するにあたり色々とお力添えをいただきました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

9月の勉強会は「がんについて(その4)」で悪性リンパ腫、腎臓癌、胆のう癌、すい臓癌についてお話しました。癌の中では少ないのですが、悪性リンパ腫は高齢者が増加するとともに増加しています、50~70歳台で増加傾向にあり、明らかな原因はありません。その他の癌は症状が出にくいこともあり、発見が遅れることがあります。生活習慣(肥満、肉食、喫煙、アルコール多飲、運動不足など)が原因となる場合もあるので改善できるところは今後行っていきたいものです。

次回の勉強会は12月16日(土)13時から                  「不整脈について」 です。

台風22号が発生したようで、また日本に接近する予想があるため十分ご注意ください。

お盆が過ぎました

残暑厳しい日が続きますが体調はおかわりありませんでしょうか?お盆休みで旅行や里帰りをされた方も、普段通りの生活を送られた方もおられると思います。朝晩はわずかに気温が下がったと感じられるようになりました。SONY DSC わたくしはお盆休みを取らせていただき家族で沖縄本島(本部)に行って参りました。幸い台風も来ず、天気に恵まれました。しかしながら緯度が低いため日中の日差しが痛かったです。沖縄には何度か行ったことがありますが、やはり京都とは環境がまったく違うのでリゾート気分を味わうことができました。SONY DSC18日から通常の診療を行っております。9月9日(土)には院内勉強会も予定しております。これから季節の変化で夏とは違った体調管理が必要ですのでとくに朝晩の気温低下に対応できる服装でお過ごしください。

第14回院内勉強会を開催いたしました

6月17日(土)に院内勉強会を開催いたしました。今回はがん(その4)で乳癌、前立腺癌、肝臓癌についてお話いたしました。

乳癌は若い女性の死因第1位であり、早期発見・早期治療で完治される場合から発見時には進行している場合まで様々です。最近の日本の状況、原因、症状、治療などについて説明いたしました。

前立腺癌は男性の中高年に多い病気ですが、前立腺癌検診の普及や特異度の高い腫瘍マーカー(PSA)のおかげで早期発見される場合は増えました。統計、症状、検査、治療について説明いたしました。

肝臓癌は主な原因はC型肝炎ウイルス(約60%)やB型肝炎ウイルスですが、C型肝炎については新薬の登場によりここ数年インターフェロンを使用せず、内服薬だけで高い治療効果が得られるようになりました。

最近では肝炎ウイルスが陰性でアルコールもそれほど摂取しないにもかかわらず肝硬変、肝臓癌なる病態が注目されています。「非アルコール性脂肪肝炎(NASH)」と呼ばれており、肥満、糖尿病、脂質異常症などがある場合に多くみられます。現在のところ確立された治療法はなく、ダイエットや血糖コントロールが重要です。

簡単ではございますが、主な内容を記載いたしました。00000002

次回は9月9日(土)13時から がんについて(その4)
悪性リンパ腫、腎臓癌、膵臓癌、胆のう癌

を予定しております。

梅雨入りしましたが雨が降りません

梅雨入り宣言後雨が降らず、暑い日もあれば朝晩ひんやりするときもありました。気温差が大きいと体調をくずしやすいですがお変わりありませんでしょうか?

6月11日(日)に第10回日本城郭検定を受けていきました。立命館大学茨木キャンパスで試験がありました。今回も1級の受験(3回目の挑戦)です。60分間、100問の4択です。1問30秒くらいで考え、頑張ってマークシートにマークします。

結果は今回も70点はなさそうです。過去問も少し出ていますが、1級だけ年1回(準1級、2級などは年2回)のため、問題もいろいろと練られていました。城関係ではありますが、日本100名城の知識ではとても太刀打ちできませんし、他の城についてある程度勉強していても時代は縄文時代までさかのぼって出ますので、とても勉強しきれません。また最近のトピックについても出題されます。熊本城のことはもちろん、他の城についても記事になったことなど最新の情報が必要です。

これまでも合格率は5%程度らしいので、協会もそう簡単には1級は取らせないぞという意気込みを感じました。自己採点中ですが、本やインターネットで調べてもわからない問題もあるくらいです。まあ、毎年受験することで新たな知識が得られるといった利点もあるので(受験料は必要ですが)、これからも合格できるまで(いつのことやら)受験したいと思います。